アロマテラピーとは?AEAJ(日本アロマ環境協会)による定義と解釈

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
アロマテラピー

あなたは、アロマテラピーという言葉からどのようなイメージを持たれるでしょうか。

「アロマを使ったマッサージ」「アロマの香りでリフレッシュ」「自分へのご褒美」「美容」など、みなさまの普段の使い方から連想される様々なフレーズが思い浮かぶことでしょう。

ところで、AEAJ(日本アロマ環境協会)におけるアロマテラピーの定義はご存知でしょうか。今回は、AEAJが公式に発表している「アロマテラピーとはなにか」について確認してみましょう。

AEAJによる定義

AEAJでは、アロマテラピーを以下のように定義しています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。

1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる

2.美と健康を増進する

3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る

4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

「ホリスティック」とは

ここで言う「ホリスティック」はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「全体的」を意味しています。すなわち、人の身体や心に部分的ではなく全体的な作用を与えるということを表しています。

「自然療法」とは

自然療法とは、人間が本来持っている自然治癒力を高めることにより、健康の維持・増進を図ることです。西洋医学を中心とした「通常医療」に対する、「代替医療」あるいは「補完医療」の一種に区分されます。

精油には、西洋医学的な「エビデンス」が必ずしもあるわけではありませんが、経験上では身体・心への作用があることが言われています。

「恒常性」とは

恒常性とは、体内の変化や環境の変化にかかわらず、体内環境を一定の範囲で維持する仕組みを表します。単に心身の不調を和らげるだけでなく、「予防医学」の観点からもアロマテラピーは注目されています。

おわりに

改めて、冒頭の「アロマテラピーとは何か」という問いへの回答を確認すると、「精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である」ということになります。

近年、アロマテラピーに対する研究がするんだことにより、一般的なイメージの「マッサージ」や「美容」のような範囲にとどまらず、「介護」や「スポーツ」にまで応用され始めています。今後も、精油への理解が深まるにつれて範囲が拡大していくことに期待したいですね。

なお、アロマテラピーに関してはいくつかの法律が深くかかわっているため、そちらの面についてもしっかりと確認しておきましょう。

アロマテラピーに関する法律はなにがある?販売に資格は必要?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする